写真で綴る良寛さんの足跡


出雲崎、和島(小島谷)、寺泊郷本、国上は、前々から、一度は訪ねたいと思っていた良寛さんの里です
7月24日

尼瀬の町並み

良寛さんは、出雲崎の名主橘屋、父以南、母のぶの長男として生まれる、
出雲崎は佐渡の金銀の陸揚げ港として栄えた、橘屋は回船問屋として、江戸への搬送を一手に担う代々町一番の大店であった、
しかし、尼瀬の京屋が橘屋に対抗するようになる、商才や政治力に長けた京屋におされ、佐渡渡船の港は隣の尼瀬に移され、代官所も移されてしまう、
橘屋の家運が傾いた頃に生まれた良寛である
母の故郷の佐渡

たらちねの母が形見と朝夕に佐渡の島べをうち見つるかも                       良寛
北国街道

金銀を江戸に運んだ道
妻入りの町並み
良寛18歳で名主見習いとなる、
名主見習いとして、罪人の処刑に立ち会わされたことが、出家の一つとされているが、
幼少、少年期は人見知りをする内向的な性格で、学問を好み論語などを寝食忘れて読みふける少年であり、家業にむかない性格だったようだ
光照寺
18歳で突然出家した曹洞宗の禅寺です、
4年間修行に励み22歳の時、円通寺の国仙和尚が諸国巡礼のおりに立ち寄った、良寛は国仙に入門を許され、師に伴い円通寺に旅立つ
国仙和尚が亡くなるまで、11年間、円通寺で修行する。
良寛剃髪の石碑
光照寺
庭の蓮
庭に咲く花
アジサイ
良寛記念館の門
記念館内に建てられた五合庵
記念館の庭
展示室
良寛体の書、多く展示されている
記念館横の丘にある良寛像

この里に手毬つきつつ子供らと遊ぶ春日は暮れずともよし                   良寛
記念館の丘よりみた良寛堂

良寛堂は橘屋の跡地に建てられた
良寛堂の像

良寛さんの見ている先は

いにしえにかわらぬものは荒磯海とむかいに見ゆる佐渡の島なり                良寛
寺泊 郷本の石碑

34歳となった良寛は円通寺をでる、
出世欲など皆無な良寛は5年間の漂白の旅にでる

やはり故郷は忘れがたいのであろう、漂白ののち帰ってくる
しかし、生家のある出雲崎は素通りし、郷本の塩炊き小屋に住みついた。

良寛の生家は弟の由之が当主であったが、橘屋は廃業寸前であった、後、由之の代で家財没収のうえ所払いとなる

来て見ればわが故郷は荒れにけり庭もまがきも落葉のみして                  良寛
海岸の塩炊き小屋があったあたり
托鉢でまわった郷本の家並
越後の古刹、国上寺
横に大師堂がある、
この春、四国八十八ヶ所の半分回ったのは、何かの縁かと御参りした。
緑の美しいお寺だ
五合庵は、国上寺を少し下った所にある
杉林の中に佇む小さな庵だ、

良寛40歳から中断はあるが59歳までこの庵に暮らした。
眼下に、国上の集落が広がり、修行の場となった
広さは3mx4mほどで、むしろ敷きで、戸はなく、菰すだれのみの粗末なものだ

我が宿は竹の柱に菰すだれ強いておしませ一杯の酒                     良寛

清貧に徹し、何事にもとらわれない生活をおくった
ここで座禅し、書を書き、詩歌を読む日々、
天気がよければ、国上の急坂を下って、托鉢にでた
しかし、ここは豪雪地帯で、粗末な庵の冬は過酷だった。

埋み火に足さしくべて臥せれども今度の寒さ腹に通りぬ                      良寛
良寛さんの思いに少しでも触れようと、庵に座っていると蚊にさされてしまい、現実に引き戻されてしまう、凡人のかなしさよ、

良寛さんが片足(片手か?)を蚊帳から出して寝ている、不審にに思いたずねると、蚊は生きるために血をすわねばならない、両足をかまれると痒くてたまらないので、片足をさしだしたと言ったとか。
五合庵から良寛のみた国上の集落
乙子神社へ下る

良寛59歳、老境の身には、五合庵の急坂はつらく、乙子神社の草庵に移る
乙子神社
鬱蒼とした杉林のなかにあり、五合庵より暗く感じる
老い衰える69歳までここで暮らす。

うま酒を飲み暮らしにけり腹からの眉白妙に雪がふるまで              良寛

弟が来たときに詠んだ歌
良寛終焉の地 木村家

托鉢による生活は困難となり、良寛を敬愛し支えた木村家が、庵室を提供しようとしたが、裏の小屋に
住まわせてもらうことにした。


木村家正面
屋敷の裏には回れない、このあたりか
良寛70歳、貞心尼30歳

良寛を尊敬する貞心尼がたづねてきた、

君にかくあひ見ることのうれしさもまだ覚めやらぬ夢かとぞ思う          貞心尼

夢の世にかつまどろみて夢をまた語るも夢もそれがまにまに            良寛
隆泉寺
生き死にの境離れて住む身にもさらぬ別れのあるぞ悲しき     貞心尼


隆泉寺内にあるお墓

右、良寛の墓、左 弟 由之の墓
良寛74歳
もくもくと雲のわく暑い昼下がりでした

形見とて何か残さむ春は花夏ほととぎす秋はもみじ葉                     良寛

私のような凡人にはかなわない、世俗的なこだわりを捨て、完全自由の生涯をおくった人です、多くの書、和歌、漢詩をのこし、人生を楽しんだ人ともいえます。

トップページへ